ヴィーガン | Vegan

shutterstock_70599184

ヴィーガン、ベジタリアンという言葉は知っていても、実際にヴィーガンやベジタリアンの人たちがどんな生活をしているかを知る人は少ないのではないでしょうか?

ヴィーガンは完全ベジタリアンとも呼ばれています。ヴィーガンを知る為には、まずはベジタリアンについて知っていきましょう。

 

What’s a Vegetarian?

 

Vegetable eater?

ベジタリアンは野菜だけを食べる人と誤解を受けがちですが、実はベジタリアンの語源は野菜を意味するベジタブルではありません。 ベジタリアン(Vegetarian)という言葉は、1847年にイギリスのベジタリアン協会から広まったと言われています。 その語源は「活気のある、健全な」などを意味するラテン語 vegetusに由来します。


ベジタリアンは何を食べるの?

copenhagen-organic-vegetables

ベジタリアンはサラダや豆腐ばかりを食べていると思っていませんか?実際にはベジタリアンであっても普通の食事と見た目はほとんど変わりません。一般的なお食事と同じように、ベジタリアンの食事もバラエティに富んでいます。

Sweden-vegan

現代ではベジミートやベジチーズ、ベジミルク、ベジマヨなど、様々なオルタナティブ・ベジタリアンフードも販売されているため、ベジタリアンでもピザやハンバーガーなどのファンフードを手軽に楽しむこともできます。

※ベジタリアンもヴィーガンも、オーガニックそして自然食とは異なる概念です。思想や人、商品としてオーバーラップする部分はありますが全く別物です。動物性食品よりは健康的と言えますが、ヴィーガン=健康とは必ずしも限りません。これについては多くの人が誤解しています。その為、私たちはVeganic®を推奨しています。


Many types of  Vegetarians

ベジタリアンと一口に言っても、その食生活や食事の内容は人や国・地域、その文化によって随分と異なります。「ベジタリアンの人はお肉は食べないけど、卵やチーズはOKだよね?」という質問を受けますが、食べる人もいますし、そうでない人もいます。ベジタリアンが実際に何を食べているかは人によります。ベジタリアンは特定の何かを指すというよりは、広い意味での菜食者を指すと捉えて下さい。一口にベジタリアンと言っても実はこんなにも種類があるのです。

ベジタリアンカテゴリv3

※ペスクタリアン以前とマクロビオティック以降は、厳密にはベジタリアンカテゴリに属するものではありません。

高解像度PDFはこちらから。

 

現代日本は肉食社会ですが、日本は島国なので昔の日本人はペスクタリアンに近い食生活だったのではないでしょうか?もちろん沿岸部と山間部では食生活は異なりますが、庶民の食生活は、玄米や雑穀を基本とした穀物菜食がベースでした。

現在ではフレキシタリアン(flexible + vegetarian)というジャンルがあります。これは時々ベジタリアン、ゆるベジなど厳格なベジタリアンではないにしろ、その時々に応じて何らかの菜食行為をしている人を指します。ミートフリーマンデーを実践している人が正にそれに当たります。

 

What’s a Vegan?

私たちがVeganic®の中で提唱しているのが、前図の真ん中にあるヴィーガンです。 ヴィーガンは食だけに限らず、生活全般においてできるだけ動物由来の物を避けることで、無用な暴力を減らそうというライフスタイルです。

Veganという言葉は、1944年にイギリスのヴィーガン協会の共同設立者であるドナルド・ワトソン氏によって作られました。

“ヴィーガニズム”という言葉は、食べ物や衣服、その他どんな目的であろうとも、動物たちへのあらゆる搾取と残虐行為を、できる限り実践的に排除していこうという、生き方の哲学です。そしてこの哲学によって、人間、動物そして環境のためになる、アニマルフリーの代替品の開発と利用が促進されます。食生活においては、完全にまたは一部でも動物由来の製品を全て除いていく実践を意味します。

 

完全ベジタリアンとも呼ばれるヴィーガン。「ベジタリアン」を日本語に訳すと「菜食主義者」ですが、ヴィーガンは「菜食」だけに留まりません。毛皮や革製品、動物実験が行われた製品も使わないので、全ての消費行動が意識的なものへと変わります。その為、一般的なヴィーガンという言葉の使われ方は「食」だけを指している事がほとんどなので、それは厳密にはダイエタリーヴィーガンと呼ばれ、ベジタリアンの世界では明確に分けられています。

 

Why Vegetarian?

これまでベジタリアンについて書いてきましたが、「なぜ、ベジタリアンになるのか?」、「ベジタリアンになると、どんな良いことがあるのか?」と疑問を抱かれていると思います。 ベジタリアンになる理由もきっかけも人それぞれのストーリーがありますが、大別すると以下の5つに分けられます。

  • 動物愛護による理由
  • 地球環境保護による理由
  • 健康上の理由
  • 宗教上の理由
  • 霊的な理由

どの理由であっても、結果的には動物たちの命と尊厳、地球環境負荷を軽減する事に繋がります。

 

Yoga and Veganism

ヨガをした事が無い人にとってはイメージするのは変なポーズや体操だと思います。これはヨガの中ではアーサナ(Asana)と言って、ヨガの教えでは3番目に来る練習です。ヨガを練習している人であってもヨガ=アーサナだと思っている人は少なくありません。アーサナはヨガの練習の一部であり、アーサナの前には2つの道徳的な練習があります。ヨガマットに立つよりも先に、大切な事があるとヨガの教えにあります。

その最初の教えがヤマ(Yama)。ヤマはさらに5つの教えに分かれています。仏教やヒンドゥー教でも同じ事が五戒で説かれています。

  1. Ahimsa(アヒンサ):非暴力
  2. Satya(サティヤ):正直
  3. Asteya(アスティヤ):盗まない
  4. Brahmacharya(ブラフマチャリヤ):自制心を持つ
  5. Aparigraha(アパリグラハ):貪らない

ヨガで一番始めの教えは、非暴力。

私のヨガの師匠の1人であるシャロン・ギャノン先生は、ヨガ練習生に対して、ヴィーガンになることでヤマの実践ができると説いています。シャロン先生はアヒンサを思いやりとして表現し、人が全ての命に対して思いやりを持つことが、ヨガのライフスタイルであると説きます。ヨガと菜食の関係について詳しくはシャロン先生の著書に書かれていますので是非ご覧ください。

 

Why Vegan?

ヴィーガンになることは単なるダイエット(食生活)ではなく、この世界をより良くするために私たち一人ひとりができる最も効果的で、倫理観のある社会活動でもあります。なぜならヴィーガンの消費行動は意識的なものになり、食肉産業を越えた意識的で自然なボイコット運動に繋がります。世界を変えていくには、私たち先進国の人々の消費行動を変えていく必要があります。ヴィーガンの生き方は、動物愛護活動であり、地球環境保護活動であり、そして究極的には平和活動です。

ヴィーガンでいること自体は心も体もとても元気で快活です。人生を快適に気持ち良く過ごせるライフスタイルとしても、私たちはヴィーガンを推奨します。近い将来、ベジタリアンそしてヴィーガンが当たり前になる社会を目指して、私たちは今後もヴィーガンの普及活動に繋がる多角的な活動を私たちの人生において継続していきます。

Go Vegan!

Top